わきが対策のデオドラントジェル海露

汗の役割

ネットでのご注文

汗の役割について

私も長い間、ワキガで悩んできましたので汗を敵にまわしてきました。

しかし、私たちの体から汗がなくなると大変なことになります。

私たちの汗は、汗腺(カンセン)により生成されているのですが、汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2つがあります。

私たちが普段、汗をかくときの汗腺はエクリン腺です。

このエクリン腺は、唇や爪の下以外のところには、ほとんどあるのですが、その数は少ない人でも、200万個、多い人で500万個、平均350万個ほどあります。

そして、このエクセリン腺から出る汗は大切な役割をしているのです。

気温の高い夏の日や、食事をして急に熱くなったり、スポーツなどで激しく動いたときに体温をさげなくてはいけません。

そのときに、すみやかに体温を下げなくてはいけないのです。

その体温を下げる役割を、汗をかくことにより調整しているのです。

汗は、私たちの体温を調整してくれる大切なものなのです。

それに最近では、環境汚染で重金属などが、食べ物に含まれていることも多いのですが、
亜鉛以外の重金属については、尿よりも、むしろ汗の方が排出してくれているのです。

ほんの昔までは、額に汗して働くことは美徳であり、スポーツで汗を流すことは、健康の象徴でした。

しかし、いつのまにか無臭志向、異常なほどの清潔志向、汗をジャマものあつかいにする無汗志向へと時代は流れています。

しかし、汗は必要なのです。

汗のことも少しは理解してあげてください。


≫Dr,Yさんとの会話:変温人間とは?
お客様のプライバシー個人情報は固くお守りをいたします。ネットでのご注文