わきが対策のデオドラントジェル海露

わきがの遺伝について

ネットでのご注文

ほとんどが遺伝によるもの

両親のどちらか一方がワキガ体質の場合は約5 0 %の割合で、また両親ともの場合は約 80 %の割合で遺伝するとされています。

また両親はワキガではないけれど、祖父母がワキガという場合もあり得ます。

私の場合は、父がワキガでしたのでやはり遺伝からのものだったのでしょう。

若い頃は、ワキガが原因で人間関係や恋愛がうまくいかなかったときは、父を恨んだこともありました。

でも、父も好きでワキガになったわけではないのです。

たまたま、そのような体質だっただけなのです。

ワキガの子供さんをお持ちの方は、将来自分と同じ辛い思いをするかもしれないと思うと、子供に対し申し訳なくて辛い・・・

ワキガの自分が親になるべきだったのか・・・と悩んでいる人も少なくありません。

ワキガは病気ではありません。  体質なのです。

でもやはり自分の子供がワキガ体質だと、気がかりで心配するのは当然です。

体臭をキッカケとした『いじめ』は今学校で深刻な問題となっているからです。

無理もありません。

現代は異常なほどの清潔志向で、何にでも除菌、抗菌、そしてこと『におい』に関しては特に敏感になっいます。

子供たちの間でも無臭志向は広がり、 『クサイ』 『キタナイ』 といった言葉のいじめにあってしまうと、登校拒否や引きこもりの原因になりかねません。


ただ親のほうも、『におい』に敏感になっているため、子供のワキがくさいと感じてもそれはワキガのにおではなく、単なる不潔なにおいである可能性も高いのです。

その判断としては、耳垢のチェックがあります。

綿棒で外耳道をかるくこすってみて下さい。

湿っていて茶色のアメ状の湿った耳垢がつくようであれば、ワキガ体質の可能性は大です。

逆にカサカサとした湿り気のない場合は、ワキガ体質ではありません。

また、近親者にワキガの人がいなくても、その子供だけが多汗症気味である場合は、極度の緊張などら起こる 「精神性多汗症」 の可能性があるので注意が必要です。

つまり学校や家庭で、その子がプレッシャーやストレスにさらされているという疑いがあるからです。

通常の多汗症ならば、プレッシャーやストレスがなくてリラックスしている時でも、また暑くなくても汗がダラダラ流れるようにでている場合です。

では子供がワキガの場合はどのようにすれば良いのでしょうか?

先ずは、 慌てず、騒がず、見守って あげましょう。

子供は自分のにおいに関しては、気にしていません。

親が必要以上に気にしすぎると、子供は無意識のうちに体臭に対してイヤになってしまいます。 

特に母親の一言は、その後の人生を左右するくらい強く心に残ります。

子供のうちは、清潔にしていればさほど『におい』は強くないので気になりません。

心配されるのはよくわかりますが、必要以上に気にしすぎるのは親にとっても、子供にとってもよくないのです。

だからと言って、それだけではやはり不安ですよね。

それでは簡単で効果的な方法をご紹介しましょう。


≫お子さんの、ワキガ基本対応策
お客様のプライバシー個人情報は固くお守りをいたします。ネットでのご注文